利用規約

利用規約

株式会社スポタス(以下、「事業者」といいます)は、事業者が運営する「SPOTAS+(スポタス)」(以下、「本サイト」といいます)を、皆様に楽しく、快適にご利用いただくために、以下のとおり利用規約(以下、「本規約」といいます)を定めております。本サイトの利用に際しては、本規約に同意いただく必要があります。

表  記
1) 事業者
株式会社スポタス

2) 本サイト
https://www.spotas.jp/

3) 本サービス
スポーツインターネットコミュニティサービス及びこれに付帯する一切のサービス。

4) 契約期間
本契約の成立日より本契約が終了するまで

5) 規約変更
本サイトに掲載した日より1ヶ月後をもって変更後の規約が適用されます

6) 制定日
2019年4月1日


前  文
本規約は、事業者が本サイトにおいて提供する本サービスに関して、事業者から会員登録を承認され、本サービスを利用する個人(以下「会員」といいます。)と、事業者との間に成立する法律関係に適用されるものです。会員は、事業者が運営する会員向け本サービス(以下「本サービス」といいます)を事業者が定める条件にしたがって利用することができます。尚、事業者は会員登録希望者へ理由を開示することなく、当該登録を承認しないことができるものとします。また承認後であっても承認の取消及び退会処分を行う場合があります。本サービスに申し込んだ場合、その時点で、本規約に同意したものとみなします。なお、本規約の別表も本規約の一部を構成し、一体となって適用されるものとします。

第1条 用語の定義
本規約における用語は、別表A(用語の定義)に定義します。
第2条 規約の変更
事業者は事業者の裁量により本規約を会員に対しての予告なしに改訂できるものとします。また改訂された本規約は、改訂以前、以後に関わらず全ての会員に対して適用されるものとします。改訂された本規約については、本サイト上またはメールで告知されるものとします。

第3条 ID、パスワード
1. 会員は、サービスの利用にあたり会員登録時にメールアドレス及びパスワード(以下あわせて「ID等」と呼びます)の登録が必要になります。
2. 会員は、事業者が提供するサービスの利用にあたり、事業者に登録しているID等を使用するものとします。
3. 会員はID等を他人に使用させることはできません。
4. 会員は、ID等の使用及び管理について自ら責任を持つものとします。
5. 会員は、自己のID等によりなされた、事業者が提供するサービスにかかる一切の行為及びその結果について当該行為を会員自身が行ったか否かまたは会員自身の過失の有無を問わず、自らその責任を負うものとします。
6. 会員が、第三者のID等を不正に利用したことにより、当該第三者又は事業者に損害を与えた場合、会員は当該不正使用によって生じた損害を当該第三者又は事業者に賠償するものとします
7. 会員が、自己のID等が第三者に不正に使用され、損害が生じた場合でも、事業者では一切責任を持ちません。また、当該行為によって第三者や事業者に損害を与えた場合には当該会員が一切の責任を負うものとします。
8. 会員は、認証情報を第三者に知られた場合、認証情報が第三者に使用されている疑いのある場合には、本規約および事業者が定める方法により、直ちに事業者にその旨連絡するとともに、事業者の指示がある場合にはこれに従うにものとします。
9. 会員が前項の届出をしなかったことにより、サービスを利用できない等の不利益を被った場合、事業者は一切の責任を負わないものとします。

第4条 登録情報
1. 事業者は原則として、会員個人を特定することができる情報を本人の同意を得ずに第三者に開示する事は行わないものとします。
但し、法令に基づく公的機関からの照会及び事業者が法令によって公開義務を負う場合や、会員が他の会員または第三者に不利益を及ぼす行為をしたと事業者が判断した場合には、事業者は会員登録内容を当該第三者等や警察または関連諸機関に通知する事が出来ます。
また、以下の限られた条件の下、個人情報を収集開示することがあります。

1)会員に対し、適切なサービスを提供し、広告主に効果的な広告手段を提供する為。
2)情報の集計、分析の為。
3)パートナーとなりうる企業、広告主、その他の第三者に事業者のサービスを説明する
場合、その他の合法的な目的の為。
4) 事業者のサービス情報を連絡するメール送信の為。
5) その他、収集開示の必要があると事業者が認めた場合。
尚、会員が退会した後も、上記の場合に限り、登録情報を利用できるものとします。

2. 入会の際に会員が申告する登録情報のすべての項目に関して虚偽の申告は一切認めないものとします。
3. ID等を含むすべての会員の登録情報は事業者が所有するものとします。
4. 住所、電話番号、その他の登録情報に変更が生じた場合、会員は速やかに所定の変更手続きを行うものとします。
5. 会員は、サービス利用上発生した問題について、事業者が要求する事項をすべて事業者に対して開示するものとします。
6. 会員の資格を譲渡・貸与することはできません。

第5条 会員資格の取消
1. 以下の項目に該当する場合、事業者の判断により会員資格を取り消すことができるものとします。
1) 会員資格を不正に利用した場合
2) 会員の登録情報に虚偽の記載があることが認められた場合
3) サービスを不正に利用した場合
4) 本規約のいずれかに違反した場合
5) 会員が12か月連続でSPOTAS+アカウントにログインしていない場合(その場合は、アカウントに登録されているメールアドレスに事前通知を致します。)
6) 会員が死亡した場合
7) その他、事業者が不適当と判断する場合

2. 会員資格を取り消した場合、その会員がサービスにおいて保有するすべての権利を取り消すものとします。

第6条 退会
退会する場合、所定の手続きに従い事業者に届け出るものとし、事業者での退会処理終了後、退会となります。

第7条 禁止事項
1. 会員は、別表B(禁止行為)に定める行為をしてはなりません。
2. 禁止行為に該当する行為が行われた場合には、事業者は事業者の裁量によって、会員その他第三者の承諾を得ることなく、投稿情報の編集、修正、削除などを行えるものとします。

第8条 秘密保持
1. 会員及び事業者は、本契約によって知り得た秘密情報を、本契約上又はサービスプログラム契約の権利行使又は義務履行の目的にのみ使用するものとし、その他の目的(商業目的であるか否かは問いません)に一切使用しないものとします。
2. 会員及び事業者は、秘密情報を機密として厳重かつ適正に取り扱うものとし、情報開示者の同意を得た場合又は法令で許容される場合を除き、第三者に開示又は漏洩しないものとします。

第9条 個人情報の取扱い
事業者は、本契約により知り得た個人情報を、法令及び別途定める個人情報保護方針に従って利用します。

第10条 統計データの利用許諾
事業者は、会員の本サービス利用実績、投稿情報に関する統計データを作成し、何らの制限なく利用(第三者への開示、提供を含みますが、これに限られません。)できるものとし、 会員はこれを予め承諾します。但し、本人の同意なく、個人が識別または推測できる形で利用することはありません。

第11条 情報の商用利用の禁止
1. 会員は、事業者が承認した場合を除き、サービスを通じて入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開その他いかなる方法においても会員の個人としての私的使用以外の使用をすることはできません。また、他の会員または第三者を利用して同様の行為をさせることはできません。
2. 会員は、営利目的でサービスを利用してはなりません。

第12条 電子メールの受・発信
1. 会員として事業者と電子メールの受・発信を行う場合、登録したメールアドレスを使用するものとし、登録と異なるメールアドレスにて受・発信を行った場合、当該会員に不利益、損害が発生しても、事業者はその責任を負わないものとします。
2. 事業者がホームページ上に掲載し又は会員に送る電子メール内の情報については、事業者が選択および決定できるものとします。
3. 会員として発信する電子メールの本文中の記載内容にしては、会員本人の責任に基づくものとします。

第13条 広告
広告に関しては商品等の販売、提供会社から提供された資料に基づき作成されており、事業者は、広告記載内容に関して一切責任も負わないものとします。

第14条 情報・サービス提供に関する責任
1. 事業者が提供するサービスや情報については、その完全性、正確性、有用性を保証するものではありません。また当該情報や会員から提供された情報に起因する損害(身体的、精神的、財産的損害を含む)が会員に発生した場合でも、事業者は一切の責任を負わないものとします。
2. 事業者は、会員に対しサービスを提供するにあたり、事業者の故意または重大な過失があり、会員に損害が生じた場合のみ、現実、直接かつ通常の損害に限り賠償するものとします。尚、この場合において、事業者は、会員に発生した使用機会の逸失、データの滅失、業務の中断、またはあらゆる種類の損害(間接損害、特別損害、付随損害、派生損害、逸失利益を含む)に対して、たとえ事業者がかかる損害の可能性を事前に通知されていたとしても、いかなる責任も負いません。
3. 事業者がサービスにおいて提供するコンテンツ上において、ID等、個人情報、または個人を特定できる情報を当該会員が掲載した場合は、個人の責任の基とみなし、事業者はこれに対する一切の責任を負わないものとします。

第15条 情報の利用と権利の所属
1. 会員が本サービスの利用にあたり投稿した原稿の文章、画像、音声等の情報は、当該著作物たる情報を創作した著作者または著作権者、その他当該権利に関する正当な権限を有する者に帰属するものとします。
2. 会員は、本サービスを利用にあたり投稿した原稿の文章、画像、音声等の情報については、事業者に対して、日本の国内外において、無償で、非独占的に使用、複製、編集、改編、掲載、転載、公衆送信、頒布、販売、提供、譲渡、貸与、翻訳・翻案などができる権利及び二次的著作物の利用に関する原著作権者の権利(著作権法21条ないし28条の権利)を許諾します。また、会員は、事業者から第三者に対する再利用許諾権を含んで許諾するものとし、事業者又は事業者から再利用許諾権を受けた第三者に対して著作者人格権を行使しないものとします。事業者は、本サイト外において会員から投稿された原稿の文章、画像、音声等の情報を利用する際には、原則として会員に通知を行います。ただし、本サイト内で使用する場合、会員に対する事前通知は要しないものとします。
3. 会員は、会員が本サービス利用にあたり投稿した原稿の文章、画像、音声等の情報について、複製、公衆送信、頒布、翻訳・翻案等、著作憲法上の権利を全て有していることを前提とします。また、会員が第三者の著作物等を利用して投稿を行う場合には、会員の責任と負担において前項の許諾に必要な権利処理(会員から事業者に対する利用許諾、事業者から第三者に対する再利用許諾に必要な権利処理を含みます。)がなされていることを前提とするものとします。
4. 当該会員が投稿した情報について第三者から権利侵害の主張があった場合には、当該会員が自らの費用と責任において対応するものとします。この場合において、事業者は、権利侵害の有無を問わず、当該情報を本サービスから削除することができます。
5. 前の2項の規定は、会員が本サービスの利用を停止あるいは退会した後も、なお有効に存続するものとします。
6. 事業者は、会員の事前の承諾を必要とせず、事業者が適切と判断する方法にて会員及びサービスの内容について分類又は順位をつけて掲載することができるものとします。また、当該分類又は順位に応じて、会員に種別を設けて、それぞれの会員に異なるサービス形態で、随時提供できる権利を有します。
7. 事業者は、本サービスにおいて、会員の動向を調査する為にGoogle Analyticsその他これに類するツールを用い、統計的な利用情報の取得及び記録をしています。Google Analytics 関しては、下記をご確認ください。
http://www.google.com/analytics/

8. 事業者は、会員に適切な広告を配信するために必要な範囲で、利用履歴を第三者に提供することができるものとします。なお、提供する利用履歴は個人を識別、特定できないものであり、これにより当該第三者が会員の個人情報を取得することはありません。

第16条 監視
1. 事業者は、会員が本規約に従った利用をしているか、また、本規約に反する行為や不正がないかを監視する業務を独自の裁量で行う権利を有するものとします。
2. 本サービスで提供する「メッセージ機能」は、メッセージの送信者と受信者及び事業者の三者のみが閲覧出来るようになっています。事業者は前項の監視業務を含め本サービスの提供上必要な範囲に限り、かつ必要に応じて、その内容を閲覧し、会員の本規約違反行為又は不正行為に対しては、事業者が適切と考える措置を行うことができます。

第17条 サービスの中断、停止
1. 事業者は、以下に該当する場合、会員に事前に通達することなく、サービスの一部もしくは全部を一時中断、または停止する場合があります。
1)事業者のシステム定期保守、更新ならびに緊急の場合
2)火災、停電、天災などの不可抗力により、サービスの提供が困難な場合
3)その他、運用上または技術上で必要と判断された場合、及び不測の事態により、
サービスの提供が困難と判断した場合
2. 上記のような事態に伴い、会員に不利益、損害が発生した場合、事業者はその責任を負わないものとします。

第18条 サービス内容の変更、中止
事業者は、会員の承認を受けることなく、サービスの内容を変更、または中止する場合がありますが、会員はそれに同意するものとし、会員に不利益、損害が発生した場合でも事業者はその責任を一切負わないものとします。

第19条 事業の停止
当サービスは一定の予告期間をもって、事業の停止を行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。

第20条 データの保存と削除
1. サービスにおいて、データを確実に保存することを保証するものではありません。会員はデータをアップロードする際に、自身のパソコンなどに当該データをバックアップ保存するなどして当該データの消失に備えるものとします。
2. 会員が12か月連続でSPOTAS+アカウントにログインしていない場合、事業者はその会員がSPOTAS+にアップロードしたデータを削除することができるものとします。
3. 会員は、当社所定の方法で当社に通知することにより、自己の登録会員としての登録を削除することができます。
4. 会員の会員アカウントが削除されると、当該削除と同時に会員が本サービス上で設定した内容及び取得したもの(本サービスの一部の利用権を含みますが、これに限られません。以下、総称して「利用データ」といいます)も削除され、一度削除された利用データは復旧できません。

第21条 利用環境の整備
1. 利用者は、当サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェアその他これらに付随して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、利用可能な状態に置くものとします。また、当サービスのご利用にあたっては、自己の費用と責任において、利用者が任意に選択し、電気通信サービスまたは電気通信回線を経由してインターネットに接続するものとします。
2. 利用者は、関係官庁等が提供する情報を参考にして、自己の利用環境に応じ、コンピュータウィルスの感染、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等セキュリティを保持するものとします。
3. 事業者は、利用者の利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。

第22条 免責等
1. 事業者は会員同士、会員と第三者、あるいは第三者同士のトラブルに対して、一切の責任を負わないものとします。万一トラブルが発生した場合、これを事業者を含まない当事者同士で解決するものとします。
2. 事業者は、サービスおよび会員又は第三者が、事業者のサービスを利用して記述する内容により発生あるいは誘発された損害、情報の利用により得た成果、又は、その情報自体の合法性や道徳性、権利の許諾、正確さについて、一切の責任を負わないものとします。
3. 事業者は、会員同士の情報交換について、調査する権利を持ちますが調査義務を負わないものとします。
4. 事業者は、サービス上で提供する広告情報の内容が、会員又は第三者の権利を侵害し、又は、権利の侵害に起因して紛争が生じた場合、その侵害及び紛争に対して何らの責任も負わないものとします。
5. 事業者は、サービス提供のためのコンピューターシステムの障害等による電子メールの遅配、未配、本サイト又は会員専用ページ上の誤表示及びそれ以外のいかなる原因に基づき生じた損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。
6. 事業者は、サービスの停止又は中止、サービス内容の変更によって受ける損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。
7. 事業者は、サービスならびに広告主を含む第三者のウェブサイトからのダウンロードやコンピューターウイルス感染等により発生した、コンピューター、回線、ソフトウェア等の損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。
8. 事業者はサービスを通じて行われた広告主を含む第三者と会員との取引(懸賞等のプロモーション参加を含む)について、一切の責任を負わないものとし、全ての取引は当該第三者と会員の責任においてなされるものとします。
9. 事業者は、サービスに関し、遅滞、変更、停止、中止、廃止、及びサービスを通じて提供される情報等の消失、その他サービスに関連して発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
10. 事業者の提供するサービスに関して紛争が生じ、事業者が会員または第三者から指摘を受け、裁判所において損害賠償その他の責任を認定され、その支払いに応じた場合には、事業者は、当該トラブルの原因を作出した会員に対し、当該紛争にかかる一切の費用(賠償金、訴訟費用および弁護士費用を含む)を請求できるものとします。
11. 本サイトに接続が困難、不可能、あるいは一部または全部のサービスが不完全、または完全に提供されない場合でも、事業者はこれの責任を一切負わないものとします。また本サイトに接続できる会員は当該障害について事業者に対して一切の責任の追求ができないものとします。

第23条 情報の無断転載、再配布の禁止
本サービスにて会員に提供する情報を当社が本サービスの機能として提供する方法以外の方法で利用する行為(情報の無断転載及び再配布、無断改変等を含みますが、これらに限られません。)

第24条 適用範囲
本規約は、本サイト上で事業者が提供するサービスを利用される全てのお客様(会員登録の有無を問わない。)と事業者との一切の関係について適用されます。

第25条 準拠法
本規約は、日本法に準拠し、同法に従って解釈されるものとします。

第26条 反社会的勢力の表明
1. 会員及び事業者は、自ら(主要な出資者、役員、及びそれに準ずる者を含みます。)が暴力団、暴力団員・準構成員、暴力団関係企業、特殊知能暴力集団の関係者その他公益に反する行為をなす者(以下「反社会的勢力」といいます。)でないこと、過去5年間もそうでなかったこと及び反社会的勢力と資金提供、便宜供与その他いかなる関係も有しないことを表明し、かつ将来にわたっても反社会的勢力とのいかなる関係も有しないことを誓約します。
2. 会員及び事業者は、自ら又は第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為、及びその他これらに準ずる行為を行わないことを誓約します。
3. 会員及び事業者は、相手方について第1項の表明に反することが判明した場合又は前2項の誓約に反した場合、何らの催告を要せず直ちに本契約を解除できるものとします。
4. なお、この解除によって生じた損害については、解除した当事者は責任を負わないものとします。

第27条 専属管轄
本規約に起因しまたは関連して紛争が生じたときは、トラブルの内容に関わらず、東京地方(簡易)裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

[スポタス(SPOTAS+)会員利用規約]
2019年4月1日 制訂・施行
別表A (用語の定義)
1) 用語の定義について
本規約において使用する用語の意義は、次の各号の定めるとおりとします。
2) 事業者 表記1
・記載の事業者
3) 本サイト表記2
・記載のウェブサイト
4) 本サービス表記3
・記載のサービス
5) 諸規程
・事業者が本サービスに関して会員に提示するサービスの詳細、諸規程及び注意事項
6) 秘密情報
・本サービス又は本契約に関する非公知の情報。但し、以下のいずれかに該当することを情報受領者が証明したものついては除かれます。
①通常、情報開示者が公開を許諾するものと合理的に判断される情報
②秘密情報の開示後に、情報受領者の責によらず公知、公用となった情報
③情報受領者が開示を受けた時点で、既に知得していた情報
④情報受領者が開示を受けた後、正当な権限を有する第三者から守秘義務を負うことなしに適法に入手した情報
⑤情報開示者が、第三者に開示することを文書により承諾した情報
⑥法令又は確定判決等により義務付けられた場合における当該情報
7) 統計データ
・本サービスの利用履歴情報(本サイト閲覧回数、掲載求人数、採用人数、応募件数、応募先等を含みます)、並びに、事業者が会員から回収したアンケート結果及びフィードバックを集計・分析し、特定の個人を識別できないように加工した統計データ
別表B (禁止行為)
1)会員は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。
2) 虚偽申込
・申込内容又は登録情報に事実と異なる不正確な情報を入力又は掲載すること
2) アカウント不正使用
・ID等の公開、貸与、その他第三者にアカウントを使用させる行為、若しくは、第三者が使用するおそれのある行為、又は、第三者のアカウントの利用行為
3) 法令、規約違反
・法令、本規約又は公序良俗に違反する行為及び反社会的行為、並びに、それらの行為を暗示、誘発、助長、推奨等する行為
4) 知的財産権等侵害
・本サイトについて、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、複製、変更、改変等を行う行為
・他人の著作物を掲載するなど、事業者、会員又は第三者の著作権、商標権その他の知的財産権を侵害する行為
・事業者、会員又は第三者の名誉信用、肖像権、プライバシー、財産権その他の権利又は利益を侵害する行為
5) 違法情報発信
・虚偽又は誤解を招くような表現
・民族・人種・性別・年齢等による差別・誹謗中傷につながる表現
・ストーキング等、方法のいかんを問わず、第三者に対する嫌がらせを目的とした記載
・面識のない異性との出会いを目的とした記載
・胸や臀部等のアップや性器が露出した画像、映像、イラスト、絵画その他わいせつ的な表現
・アダルトサイト、ワンクリック詐欺サイト、ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を流布させることを目的とするサイト等事業者が不適切と判断するサイトに誘導する記載 (単にリンクを張る行為も含む)
・未成年者に対し悪影響があると判断される行為
・暴力的、残虐的な表現、その他他人に不快感を与える表現
・自殺、自傷行為、薬物乱用等を美化・誘発・助長するおそれのある表現
・ねずみ講、チェーンメール、MLM(マルチレベルマーケティング)、リードメール等本サービスの目的を逸脱して第三者に情報の拡散を求める記載
・コンピュータウィルスその他の有害なコンピュータプログラムを含む情報
・同一又は類似の文章、語句、URL等を不必要に反復、連続する記載
6) システム妨害
・本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
・本サービスの運営を妨害し、又はそのおそれのある行為
・事業者のネットワーク又はシステム等に不正にアクセスし、又は不正なアクセスを試みる行為

7) 営業行為
・本サイトに掲載された情報を業として転載、複製する行為
・事業者の承認した以外の方法で、営業活動、営利を目的とした利用を行う行為やその準備を目的とした行為
・ 有償、無償の有無を問わず、事業者の承認した以外の方法で、商業目的や広告目的で利用する行為
・事業者の承認した以外の方法で、他の会員、又は第三者との間で、売買および金銭的な利害の発生する行為
・前各号に抵触するウェブサイトやリソースへのリンクやURLを書き込む行為
8) 規約違反
・上記のほか本規約に違反する行為
9) その他
・本サービスの目的を逸脱した利用その他事業者が不適切と判断した行為